長野県の佐久地方、中仙道望月宿と芦田宿のちょうど中間点。旧中仙道沿いの昔ながらの街並。なんとなく時間がゆっくりと流れるようなたたずまいの中、お酒をゆっくり、ゆっくりと醸しております。

牧水の歌碑


■環境■

【中仙道】

当社が位置する信州の望月の郷は、中仙道に面して栄えた歴史ある宿場街で、古く平安時代にさかのぼり、万葉集にも紀貫之はじめ有名な歌人により歌にも残されています。

立科山の山麓に位置するこの地は、清冽な気候に加えて豊かな粘土質の土壌をもち、往時より東日本有数の良質米を産する穀倉地帯として名高く、最近まで米作り日本一の農家を輩出した地です。また、この地に湧き出る水はその源を遠く蓼科山の頂に近く湧き出る、いわゆる「御泉水」に発しており、類まれなき名水とうたわれております。

【酒林】

幕末のころ、皇女「和宮」さまはこの地を江戸に向下され、当家もその御一行の御宿の一つに選ばれました。今でも当時をしのぶ門前に下げられた「酒林」を見に訪れ、酒を賞でて帰られる方も多くおられます。

【若山牧水の歌碑】

当家正面には、酒仙の歌人としてその名も高い若山牧水によるこの地で作り、また御園竹を詠み込んだ、有名な和歌を刻み込んだ石碑があり、訪れる人々の心をつかんでおります。

よき酒と
ひとのいふなる
御園竹
われもけふ飲みつ
よしと思へり

しらたまの
歯にしみとほる
秋の夜の
酒はしづかに
飲むべかりけり

ひとの世に
たのしみ多し
然れども
酒なしにして
なにの楽しみ



「御園竹(みそのたけ)」、「牧水(ぼくすい)」はこのような環境の下、蓼科山の伏流水を汲み上げて仕込み水とし、この地に産する酒造好適米「美山錦」を磨き上げ精白した自信の清酒です。