長野県の佐久地方、中仙道望月宿と芦田宿のちょうど中間点。旧中仙道沿いの昔ながらの街並。なんとなく時間がゆっくりと流れるようなたたずまいの中、お酒をゆっくり、ゆっくりと醸しております。

酒蔵開放2022 公共交通機関のご利用に関して

千曲バス「中仙道線」が平日のみの運行となりました

中仙道線は、過去の酒蔵開放の際の佐久平駅から当社へのアクセスに大勢の方が利用されていた路線ですが、平日のみの運行となったため、今回の(そして今後の)酒蔵開放の際には利用できなくなってしまいました。

4月29日、30日に新幹線等を使って来社を予定されていた方はご注意下さい。多分タクシーをご利用になるしか方法は無い様な気がします。

また、旧望月町にありました望月観光タクシー株式会社が3月末をもって営業を終了されました。コロナ禍で中断前の酒蔵開放では駐車場から当社までのピストン輸送をお願いしていた会社です。非常に残念です。また営業しているタクシーの台数が減ることになるため、タクシーをご利用の方は帰りのタクシーの手配にもお気を付け下さい。

中仙道線の休日運休に関しては、お客様からお教えいただくまで気がついておりませんでした。 1999年から2019年まで酒蔵開放を毎年開催していた際には必ず公共交通機関の時刻表を確認しておりました。コロナ禍で酒蔵開放を開催していなかった2年館確認を怠っていた間での大きな変化でした。

次回(来年?)の開催の際の佐久平駅からの交通手段に関しては、 実際に佐久平駅からバスを使っていた方にもご意見をうかがいながら、 検討していきます。