酒蔵開放 2024年3月20日開催

酒蔵開放イベントを今年も開催します

当社の酒蔵開放イベントは、1999年より毎年春分の日(3月20日または3月21日)に開催してきました。コロナ禍で2020年、2021年は中止、2022年、2023年と若干規模を縮小して4月に開催しましたが、今年から春分の日開催に戻して再出発です。通算24回目の開催となります。

  • 開催日時
  • 主な内容
  • 交通・駐車場
  • その他

開催日時

  • 2024年(令和6年)3月20日
  • 午前10時から午後3時まで(受付は午後2時終了です)
  • 予約は必要ありません。ご都合の良い時間にお出かけください。
  • お酒の試飲をされる方は500円と引き換えに試飲グラス(猪口)をお渡しします。
  • 甘酒とどぶろくは、どなたでも無料でお飲みいただけます。
  • 二十歳未満の方、車の運転をされる方の飲酒は固くお断りいたします。

主な内容

  • 蔵見学
  • お酒のきき酒:約30種類
    • 今年の新酒、通常の商品、特殊なお酒(主に熟成酒)、どぶろく、甘酒など
    • お好きなお酒をお好きなだけきき酒して下さい。
    • お燗の酒も大好評。今年は日本酒のコーヒーカクテルに挑戦の予定。
  • 仕込み水はお持ち帰り自由です。
  • 食べ物
    • 食べる吟醸粕、酒粕を寒天で固めたお菓子は毎年大人気。
    • おつまみの野沢菜二種類(深い味わいの古漬けとと、フレッシュな味わいの時漬け)は無料です。基本的には熟成したお酒には古漬けが、新酒や吟醸酒には時漬けがマッチします。
    • 地元産のそば粉をつかった手打ち蕎麦。日本酒にぴったり毎年大人気です。毎年200~300食用意しています【有料】。
    • 蓼科牛のハンバーガー。毎年ハンバーガーに追うお酒をチョイスしています【有料】。
  • お買い物。
    • 当社の通常商品(種類はある程度限定させていただきます)
    • できたてのどぶろく(十二六)、甘酒、塩麹
    • 大吟醸25年熟成酒など、当日のみ販売の特殊なお酒
  • その他
    • 試飲に疲れたら、社長宅で庭を見ながらお茶をお召し上がりください【無料】。桜餅や地元の銘菓も用意しています【有料】
    • 当社のお酒に合うレシピの配布と、実際の料理の展示など(検討段階です)

交通・駐車場

  • 自動車で来られる方は、「株式会社ケーアイエス様駐車場」か「立科町茂田井公民館グラウンド」に駐車して、送迎車もしくは徒歩でお越し下さい。
  • 駐車場付近は主要な箇所には交通誘導員がいますので、ご不明な点はお問い合わせください。
  • 中型・大型バスをチャーターして来られる方は、あらかじめご一報をお願いいたします。

新幹線等鉄道を利用して佐久平駅からのご来場を検討されている方へ

  • 路線バスがありませんので、タクシー等をご利用下さい。
  • タクシーを利用した場合、佐久平駅から当社までは約6,000円かかります。
  • 当社ではタクシー会社と相談して、新幹線の佐久平駅到着に合わせて、相乗りを斡旋いたします。ジャンボタクシーを数台確保していますので、相乗りでは1,500円程度で済むと思われます
  • 相乗りを斡旋する場所、時間等は決まり次第発表いたします。

その他

  • 重ねてお願いですが、二十歳未満の方、車等の運転をされる方の飲酒は固くお断りいたします。
  • お買い物もクレジットカード決済が使える様準備する予定ですが、レジの場所によってはQRコード決済しか使えない場所もあることを語調値おき下さい。
  • 蔵開放に関する情報は定期的に更新していく予定です。

春の一日、ご家族連れでお楽しみください。

2023年の酒蔵開放の様子はこちらをご覧ください

2023年 酒蔵開放での1枚