長野県の佐久地方、中仙道望月宿と芦田宿のちょうど中間点。旧中仙道沿いの昔ながらの街並。なんとなく時間がゆっくりと流れるようなたたずまいの中、お酒をゆっくり、ゆっくりと醸しております。

全国燗酒コンテスト 2021

本年の結果

酒文化研究所主催の「全国燗酒コンテスト2021」で当社の製品4点が金賞以上の賞を獲得いたしました。

上記の内「むらさきつゆ草」はプレミアム燗酒部門の最高金賞を受賞しました。

  • お値打ちぬる燗部門
    • 重々切れ口(じゅうじゅうきれくち)【純米】
  • お値打ちぬる燗の部
    • 御園竹(みそのたけ)【普通酒】
    • 牧水生酛本醸造(ぼくすいきもとほんじょうぞう)【本醸造】
  • プレミアム燗酒部門
    • むらさきつゆ草(むらさきつゆくさ)【純米】

過去の結果

  • 当社の定番商品の多くが燗酒コンテストで複数回金賞を受賞しています。
    • 御園竹、御園竹旨口、牧水生酛本醸造、牧水生酛純米、十二六ライトなどです。
    • 御園竹は2017年にお値打ち熱燗部門で最高金賞を受賞しています。
  • 2018年の第10回記念大会では、過去10回のなかで8年以上金賞を獲得しているということで「最優秀燗酒蔵」の一つとして表彰されました。

こぼれ話(蛇足)

  • 「むらさきつゆ草」は搾った時点で(原酒で)アルコール分14%のほんのり甘めの柔らかな純米酒です。以前から計画していたお酒で今年初めて商品化しました。コンセプトとしては草の葉にたまった露の様にほのかな甘味のあるやさしい味をイメージしています。
  • そのため現在のラベルには「純米冷酒」と刷り込んであります。この商品の雰囲気を壊さないように「燗酒コンテスト金賞」の表示はミスマッチにならないか、悩んでいます。
  • どうせなら、来年は酒文化研究所主催の[ワイングラスでおいしい日本酒アワード(WGO)」にも出品してみようと思っています。